静岡県つぼみの会の特徴

一人より家族で、家族より皆で

助け合える仲間がいる

静岡県つぼみの会は、1990年11月に「小児糖尿病患者家族の会」として発足しました。会の大きな特徴は、患者さん自身やその家族が運営する家族のための会です。1型糖尿病について、真剣に考え、一緒に活動してくれる仲間が集まっています。

そして、この会の趣旨に協力して下さる静岡県内外の医師・看護師・栄養士・薬剤師などの医療従事者。ボランティアや企業の方など、多くの方々の協力を得て活動しています。
病院の違いやその他諸々の垣根を超え、多くの専門家が一堂に会する機会にも恵まれています。

頼れる総合的なコニュニティ

静岡県つぼみの会では、1型糖尿病に関わる全ての方を受け入れています。家族はもちろん、児童生徒に1型患児のいる先生、友人に1型糖尿病がいる方などなど。 1型糖尿病についての理解が進んだ時、皆で心から笑いあえる生活を送る事が出来ると思っています。